読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんずいに歩くと書いて

ローラースケートで駆け抜けてく彼らのこと

渉さんが三十路になられまして

横尾さん30歳のお誕生日
御芽出度う御座います!!

「横尾さんが30歳?!信じられない!」
と思う反面、どこか凄くしっくりきていたりする。

彼にとって29歳は間違いなく飛躍の1年で。一ファンの私でさえ、彼のめまぐるしい環境の変化をこれでもか!!と言わんばかりに体感しているのだから彼自身は体に刻み込まれる位に体感しているだろうし、これまで見えなかったものも見え、これまで抱いたことのない思いも沢山抱いているのだと思う。

それは最近の雑誌でのインタビューを読んでいても明らかで、訳もなく彼の行く末を心配していた頃のことが嘘のようにも感じる。

「この人を応援していて良かった」
「応援してることを誇らしく思う」
そんなことを思う出来事が、この1年いくつもあったし、そう思えることが本当に嬉しかった。

横尾さんを応援していると、横尾さんの周りの方々に(勝手ながら)感謝の挨拶回りをすることが多々ある。その度に「なんて愛されてるんだこの人は…」と、横尾さんの人たらしっぷりをしみじみと噛み締めていて。「人見知りなんです」と公言しシャイが故になかなか現場で共演者と打ち解けられないエピソードを披露する人(我がグループにもいたりいなかったり)が沢山いるなか「人見知りしない」とさらりと言う横尾さんは、きっといろんな人の懐にふっと入り込み収まり、年上の方々に可愛がられいじられつっこまれながら笑ってる、そんな朗らかな人なんだろうと想像する。うん、好きだ(定期)
向かう先全て刃みたいな時代もあったと聞くけれど、それもこれも酸いも甘いも経てきた今だからこそなんだろうと思う。

近頃思うのは、表舞台を離れバックステージに身を置いたときに一気に老け込んで年相応になる横尾さんにグッとくる感覚。そのなんともいえない気怠さの中の芯の強さに色気を感じる感覚が30代アイドルが魅せる沼なのかもしれない…なんて思ったりもする。

力を入れ過ぎず抜き過ぎず、程よい力の入り抜き加減を横尾さんが巧みに操作する時代がやってくる予感。

雑誌でもなんでも、横尾渉(30)の表記見ただけで沸く自信がある今の自分の浮かれ具合。

そんな横尾さんが30代を迎え何を語るのか。
一万字インタビューの行く末に想いを馳せてみる。胸の鼓動を抑えつつ読む日が楽しみで仕方ない。

そんな、横尾渉(30)の初夜。


ハッピーバースデー!三十路!!